パソコンを新しくする。09

さて、家族みなさんに新しいパソコンを引き渡しました。

「早いねーパパ。」と、非常にナチュラルな反応を頂戴いたしました。

これで、古いパソコンは切削機へ持って行くことができます。なにせ切削機用のパソコンは未だにWin98でしたから。大きな進歩だー。

さ、そろそろ新製品の設計に入ろう。ってもう年末だがや。

|

パソコンを新しくする。07

さて、DVDドライブが手に入ったのでOSのインストールをやってみます。HDDには父のデータが入っていますので、いきなりフォーマットしてしまいましょう。OSはもちろんWindows XP、2014年までサポートがあるそうなので使うことにしてみます。OS代は今回の予算に入っていないので・・・。

で、OSはまあ問題ないのですが、このままですと、「前のパソコンにあったデーターが無い!」と娘たちに思いっきりクレームを受けそうです。このデーターの移し替え作業が繁雑。

メール、動画、Ituneなどなんだかんだで二日ほどかかってしまいました。さあ家族みんなへ引き渡します。さあみなさんの評価はいかに・・・。

|

パソコンを新しくする。06

さて、パーツが揃ったので組み立てていきます。まあプラモデルとは違って必要な工具はプラスドライバーのみ。HDD・DVDドライブをつなぐ前にケーブル類がきちんと接続されているかを確認するため、一度電源を入れてみます。接続は問題なかったようで、無事起動。BIOSに代わってUEFIが採用されておりユーザーインターフェースが向上しています。

で、HDDを取り付け、DVDドライブを取り付け・・・れません。HDDはSATA接続なので問題無かったのですが、DVDドライブはIDE接続。新規に購入したマザーボードにはIDEのコネクターがありません。ありゃりゃ、しかたがないのでSATA接続のDVDドライブをネットでポチッとしました。続く。

|

パソコンを新しくする。05

さて、予算も決まったのでインターネットでポチッとしながらパーツを注文していきます。本当に便利なものです。数日後には必要な部品が自宅に揃います。

で、やってきたのはこの部品たち。Dscn8438 我が家Dscn8439Dscn8441Dscn8440のパソコンにはここ十数年「インテル入ってない」なのでそれを踏襲いたしました。

マザーボードASRock社というよく知らないメーカー。同社のHPで確認すると、2003年頃にできた会社なので知らなくては当然。だってこの前にマザーボードを買ったのがそのころなのですから。

CPUクーラーは静音重視で水冷式にしてみました。 本当に静かなのかな?

グラフィックボードはゲームをするわけでもないので、最低限で十分。

さあ、組むぞー。

|

パソコンを新しくする。04

本題

さて、父から譲り受けた壊れた中古パソコン。使えるパーツを有効活用して自宅のパソコンを新しくしようというのが今回の計画です。電源・HDD・DVDドライブなどは問題なく使えますので、新しくするのは、マザーボード・CPU・メモリー・CPUファン・グラフィックボードぐらい。予算は\25,000-くらいにしておきます。これより高くすると、新品のパソコンが買えてしまいますからね。続く。

|

パソコンを新しくする。03

さて、パソコンを買うならば名古屋ならまあ大須だわな。父を伴い適当なパソコンを選択。いやー、この頃のパソコンは本当に安い。23インチの液晶モニターが2万円しないんですから。

実家に戻り、購入したパソコンをセットアップ。データー類も元通りに直したのでこれで父も納得。

で、今まで使っていたパソコンのパーツが余った訳です。これを使って自宅のパソコンを更新しようというのが今回のお題目です。って、本題に入る前にひっぱりすぎだわ。続く。

|

パソコンを新しくする。02

さて、パソコンショップに行くことを促された父、素直にパソコンショップまで行ったようです。で、父から電話が、「マザーボードが死どるらしいわ。新しいパソコンを買った方がいいらしいわ。」

5年ぐらい前のパソコンです。部品を取り替えて修理する方法もありますが、新しいパソコンに代えるのもいい時期だわなと思い、「新しいパソコンを、適当に見繕ってそのうち買って持っていくわ」と伝えました。

が、3日も経たないうちに、「パソコンが無いと、インターネットもできんで、不便でいかんわ。」と電話が父から入ります。こうなると父はせっかちなので止まりません。その週の週末、新しいパソコンの購入につき合わされることとなりました。 続くがや。

|

パソコンを新しくする。01

序章

さて、ことの始まりは父からの電話に始まります。「パソコンが動かん。」だそうです。

「で?」 「スイッチいれてもウンとも、スンともいわんがや」 仕事の帰り実家に寄って父のパソコンを看てみます。スイッチをポチッといれても父の表現は正しく、何も反応がありません。長押ししても電源が切れません。マザーボードが死んでますねこれは。

念のため知り合いのPCショップを紹介して、そこで看てもらうことを勧めました。続く。

|