« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

75式ドーザーの開き

さて、部品図に展開が済んだので切削機でプラ板から部品を削り出してみました。使用するのはタミヤ製の2mmプラ板。抜き屋さんからこのぐらいの厚さが良いとの指示をいただいたので、もっぱらこれを使っています。

P1020900

あまりに久々に切削機を使ったのでポカミスの連続。同じ部品を3枚も削り出す羽目になっちゃいました。

P1020899

切り出したパーツを並べるとこんな感じ。75式ドーザーの開きの完成で~す。ってな~んにも完成しとらせんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3Dプリントが出来ました。

さて、知らないうちにセミが鳴く季節になってしまっていますね。

で、3Dプリントされたモノが届いておりましたのでご報告を。

排土板関連の部品、スプロケット、リターンローラー数十個です。

P1020891 P1020894

P1020892 P1020893

積層ピッチを29μで出力してもらいましたので、積層跡がちょっと目立ちますかね。でもこれを仕上げるといい感じになりそうです。

プラ板やプラ棒を切削機や旋盤で削り出して作る手間隙を考えると結構、この方法は有りだと思います。

柔らかさを表現しなくてはならないフィギュアの原型ですら3D-CAD設計、3Dプリント出力を採用するメーカーがあるそうですから、この方法が現在のモノ作りのメインストリームであることに間違いはありません。
でも、もうちょっと安くなるといいなー。








|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »